期待の日本代表山本 英児選手が九州電力公式戦初出場を果たしました。春は日本代表専従契約のため,九州電力試合出場は1試合のみ。夏合宿で本格的にチーム合流,この日待望の公式戦出場となりました。試合ではトライこそ奪えませんでしたが,リンクプレーヤーとして,随所に光るプレーを披露していました。また,セールスポイントでもある攻撃的なタックルでピンチも寸断し,今シーズン九州電力の戦力となることが証明されました。25日から韓国で行われるアジア競技大会参加のため,JR九州,中国電力戦を欠場するのは残念ですが,今春思ったようにアピールできなかった日本代表で,来年のワールドカップ切符を獲得できるよう活躍することを部員全員期待しています。
  仕事中は「九州のトラ」と評される激しいプレーと違い,なれない仕事にアタフタして空調設備の完備された快適な職場で,一人汗を拭き拭き,ペットボトルのドリンクをがぶ飲みする,トラとは思えない行動をしていますが,仕事とラグビーに対して常に120%九州電力ではFLに定着,今まで以上に幅広く攻守に活躍して,慶応大学のペネトレーターから九州電力のリンクプレーヤーへ変貌した九州のトラに注目!!




山本 英児 23才 修猷館高校⇒慶應義塾大学⇒九州電力 183cm 90kg
名門草ヶ江ヤングラガーズでラグビーを始め,慶應大2年時には大学日本一。
昨年より日本代表に選出される。日本代表キャップ3
現在原子力発電所見学会,電気教室などを行うサービス業務を担当。
「原子力発電所見学会ご希望の方は山本まで!もれなく私の慣れない説明がついてきます。(^o^)丿」
平成14年九州電力入社。福岡営業所営業課勤務



このページの先頭へ