12月15日(火)、福津市福間小学校でタグラグビー教室を開催しました。 ヴォルテクスからは、小原・児玉・加藤の3選手に中尾副部長・吉岡チームマネージャー、そして管轄営業所である福間営業所から藤本営業所長、小副川配電事業所長、中島さん、 前田さん、箕津さん、福崎さん、西村さん、天本さんが参加し、福間小学校の4年生約106名に楽しくタグラグビーを体験してもらいました。

昨年同様に福間営業所とキューデンヴォルテクス主催で開催している福間小学校タグラグビー教室。
本日の2時限の授業ではタグラグビーの指導のみで、2月2日にはクラスマッチの大会を行う予定です。
教室のスケジュールに余裕があるのでいつもよりじっくりとタグラグビーの基礎動作を学んでいただきました。





まずはベルトとタグを取り付け、タグを取って大声で「タグ!」と叫ぶ基本を練習。握手しながら顔を合わせて「よろしくね!」の挨拶も行いました。
その後は2人・4人組に分かれてのタグの取り合い、ラグビーボールを使ってパス練習も行い、ゲーム形式で競い合った後は皆でスタージャンプを行いました!
いろんなゲームを一緒に楽しんでいくうちにたくさんの笑顔が見られました。





ボールを使った実技では、前に投げない・落とさないというラグビーの基本的なルールを頭で理解していても、いざ体でとなると実行するのが難しいようでしたが、繰り返し練習することで少しずつ上達していきました。
最後は、ラグビーの醍醐味でもあるタックルを体験し、教室は終了しました。





福間小学校の4年生の皆さん、学校関係者の皆さま、ありがとうございました。
2月2日に向けてタグラグビーの授業を頑張ってください!

このページの先頭へ