試合結果・日程FIXTURES & RESULTS

2019ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 第5節
有料試合

2019.12.21 Sat 11:30 K.O. 会場: レベルファイブスタジアム(福岡)

九州電力
九州電力

23

  • 10

    前半

    13

  • 13

    後半

    7

20

清水建設BS
清水建設BS
T G PT PG DG   T G PT PG DG
2 0 0 0 0 前半 1 1 0 2 0
2 0 0 1 0 後半 1 1 0 0 0

トップチャレンジリーグ第5節

12月21日(土)2019トップチャレンジリーグの第5節、清水建設ブルーシャークス戦が福岡市のレベルファイブスタジアムで開催されました。
清水建設ブルーシャークスは、今シーズンからトップチャレンジーグに参戦し、ここまで勝ち星がないものの、毎試合接戦を演じており侮れないチームです。
ワールドカップが行われたレベルファイブスタジアムには、両チームの会社関係者や福岡のラグビーファンが多く詰めかけ、11時30分に清水建設ブルーシャークスボールのキックオフで試合が始まりました。

前半

前半6分

自陣22mライン付近の清水建設ボールのラインアウトから連続攻撃を仕掛けられ、最後は相手8番にラックサイドを突破され、先制トライを許します。ゴールも決まり0-7。
序盤の連続攻撃に耐えるヴォルテクス
清水建設の8番に突破を許してしまう
浮き足気味だったヴォルテクスでしたが、トライをされた直後、中靍、山田両キャプテンを中心に短時間で修正点を確認し、リスタートします。

前半9分

敵陣22m付近のヴォルテクスボールのスクラムから、フィールドの端から端まで、大きくボールを動かしながら連続攻撃を仕掛けるヴォルテクス。相手DFの陣形が乱れたところを司令塔のフィル選手がフィールド右隅にスペースを見つけ、キックパス。WTB齊藤選手が走り込みながらボールをダイビングキャッチし、そのままトライ。
ゴールキックは外れますが、5-7と迫ります。
フィールドを広く使う児玉選手
フィル選手のキックパスに反応し、ダイビングキャッチからトライを決める齊藤選手
落ち着きを取り戻したヴォルテクスは20分、ラインアウトからのこぼれ球を仲西選手が拾い上げ、相手選手を弾き飛ばし、ビッグゲイン。ゴール前直前まで突進しますが惜しくも連携ミスでトライまでには至りません。
連続攻撃を仕掛けるマカフリー選手
仲西選手が相手を突き飛ばしビッグゲイン

前半31分

敵陣22m付近スクラムからフィールドを大きく使い連続攻撃を仕掛けるヴォルテクス。すると、8番マカフリー選手がフィールド中央にディフェンスのギャップを見つけ突進すると、相手ディフェンス2人を引き付け、走り込んできた12番中靍選手にオフロードパス。中靍選手がそのまま走りきりゴール右隅に逆転トライ。ゴールは外れ10-7とします。
清水建設の攻撃を止める低いタックル
オフロードパスを受けた中靍選手がトライ
更に勢いを加速させたいヴォルテクスでしたが、この日は「絶対に勝たなければ」という思いが強すぎるせいか、再三トライ直前まで攻め込むチャンスはあるものの、後一歩の所でミスをしてしまい追加点には繋がりません。
清水建設も鋭い攻撃を繰り出す
すると前半終了間際ロスタイム、清水建設10番に41分、45分に連続してペナルーティーゴールを決められ、10ー13とスコアを逆転され試合を折り返します。
相手ボールを奪うマカフリー選手
ヴォルテクスはペースを掴めないまま前半終了

後半

後半最初のトライを奪い、流れを掴みたいヴォルテクスは、徳永選手・園中選手・高井選手・本田選手を早い時間帯に投入しチャンスを伺います。
流れを変えたいヴォルテクスは早めの交代でチャンスを伺う
流れを引き寄せるタックル

後半19分

敵陣ゴール前5mのヴォルテクスボールラインアウトから、FWが一体となって押し込み7番キャプテンの山田選手が再逆転のトライ。
ゴールは外れ15-13。
FW陣が一体となり相手を攻め立てる
そのまま押込み山田選手が逆転トライ

後半29分

自陣22m付近の清水建設ボールのラインアウトから、連続攻撃を仕掛けられます。清水建設の強力なFWの突進を止めれずゴール中央にトライを許します。コンバージョンキックも決められ15-20と再び逆転されます。
清水建設の強力なFWがヴォルテクスに襲いかかる
連続攻撃に耐えるヴォルテクス

後半37分

ハーフウェイライン付近のクイックスローから11番磯田選手が鋭いステップで前進すると、そこから連続攻撃を仕掛けるヴォルテクス。FW、BK一体となり全員でミスなく攻め続け、最後はキャプテン山田選手がフィールド左隅に気迫のトライ!20-20の同点とします!惜しくもゴールキックは外れ逆転とはならず同点のまま40分を迎えます。
磯田選手の鋭いステップからチャンスが広がる
ヴォルテクスは全員一体で連続攻撃
場内にロスタイムは2分間とアナウンスが流れますが、両チームとも全くミスを犯さず10分間一進一退の攻防が続きます。
息を飲む攻防の中、スタンドからの大声援を背にヴォルテクスは死力を尽くして敵陣22メートル付近まで攻め込みます。
ここで清水建設はたまらずオフサイドを犯し最後の最後に逆転ペナルティーゴールのチャンスを迎えます。
ミスの許されないロスタイム攻防
お互いに死力を尽くして戦う
キッカーはこの日全てのゴールキックを外し調子が戻らないフィル選手。
スタジアム中の視線を一点に背負い強烈なプレッシャーを抱える中、自分を信じ仲間を信じ放ったキックは綺麗な放物線を描きポスト上空を通過。ゴールキックが決まると同時にノーサイドのホイッスルが鳴り、最終スコア「23ー20」でヴォルテクスが勝利を収めました。
スタジアム全体が静まり返る中、キックを放つフィル選手
見事ゴールが決まると同時にノーサイドのホイッスル
勝利をファンへ報告
今年最後の公式戦を劇的なサヨナラ勝ちで締めくくったヴォルテクス。年初めの次節は、2020年1月12日11時30分から同じくレベルファイブスタジアムでキックオフ。
相手は同じ福岡市東区に拠点を置くコカ・コーラレッドスパークスです。
長年しのぎを削ってきた因縁のライバルチームには、ラグビーW杯でも活躍した日本代表トゥポウ選手が所属しています。是非、引き続きスタジアムに足を運びヴォルテクスへ熱い応援をお願いします!

次戦予告

  • 2019 ジャパンラグビートップチャンレンジリーグ 第6節
  • 日時 : 2020年1月12日(日)11:30キックオフ
  • 対戦相手 : コカ・コーラレッドスパークス
  • 試合会場 : レベルファイブスタジアム(福岡)
  • 入場料 : ヴォルテクスFC会員 無料※1、中央席(エリア内自由)¥3,200※2,3,4、自由席 一般¥2,200、自由席 小中高生¥700、未就学児童は無料
※1 ファンクラブ会員証のチケット引換は「自由席 一般」となります。
※2 ヴォルテクスファンクラブテントでは中央席(エリア内自由)の取扱はございません。
※3 中央席はメインスタンド側です。
※4 中央席につきまして、未就学児童の方がお席をご利用になる場合はチケットが必要です。自由席は無料です。
 

試合のほか様々なイベントも行われました

この日はピッチの外でも様々なイベントが行われ、福岡市スポーツ協会主催の「ビギナー向け!ラグビー観戦教室」に早田選手・平田選手・小原選手が参加。試合前にルール解説を行い、試合中は質問に答えながら参加者30名と一緒に試合を観戦しました。
また、初心者向けに解りやすいラグビールール音声ガイダンスや解説・実況が無料で聞ける「実況webラジオPlatCast」に島選手が参加。MCの福岡放送「若林麻衣子」アナウンサーと一緒に試合を盛り上げました。
さらに、ヴォルテクスのスペシャルサポーター「斉藤 優」さんも応援に駆けつけ、応援団と一緒にヴォルテクスを後押ししてくれました!!
「ビギナー向け!ラグビー観戦教室」に参加した早田選手・平田選手・小原選手
「実況webラジオPlatCast」に島選手が福岡放送の若林麻衣子アナウンサーと一緒に参加しました
パラシュート部隊 斉藤優さんもスタジアムで一緒に応援してくれました

Photo Gallery

試合動画のご案内(外部サイト)

試合動画の配信は試合日より2~3日後となっております。